コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラックポイント Track Point

パソコンで困ったときに開く本の解説

トラックポイント

IBMが開発したスティック形のポインティング・デバイスの名称です。現在はレノボの「シンクパッド(ThinkPad)」というノートパソコンに搭載されています。
⇨ポインティング・デバイス

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

世界大百科事典内のトラックポイントの言及

【入出力装置】より

…しかし,ページプリンターにおいてはさまざまなフォントを外部から取り込んで使うことができるし,字形をその輪郭上の点の座標によって表現したフォントであるアウトラインフォントを使うことによって,美しい字の印刷が可能になっている。
[座標や図形の入出力装置]
 2次元の座標をアナログ入力するのに使用されるのがポインティングデバイスであり,マウス,トラックボール,ジョイスティック,トラックポイント,ライトペン,タッチパネル,トラックパッドなどがよく使われている。これらは位置を表示するためのディスプレーと組み合わされることで初めて入力装置として機能する。…

※「トラックポイント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トラックポイントの関連キーワードIBMIBM互換機日本コンピュータ史(年表)コンピュータ史(年表)椎名武雄マイクロソフト北城恪太郎SLCシリーズIBM DOS/V ExtensionPC/AT互換機

トラックポイントの関連情報