トランシルバニア学派(読み)とらんしるばにあがくは

世界大百科事典内のトランシルバニア学派の言及

【トランシルバニア】より

…オーストリア政府は,ルーマニア人の懐柔同化政策をとり,彼らにローマ教皇の権威を認めさせるカトリックとの合同教会をつくった。皮肉にも合同教会の聖職者の中からルーマニア人の民族運動の指導的知識人(いわゆるトランシルバニア学派)が現れ,1791年にはルーマニア民族の同権を求める皇帝への請願書Supplex Libellus Valachorumが提出された。これは却下されたが,身分制原理に対して住民数に応じた民族的権利の要求という新しい観点を定着させ,その後の民族運動の出発点となった。…

※「トランシルバニア学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android