コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスコーディング とらんすこーでぃんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トランスコーディング

データファイルの圧縮・符号化形式(エンコード)を変更すること。特に映像や音声データの変換を指すことが多い。例えば、DVD-VideoのMPEG-2形式を、携帯電話機や携帯ゲーム機で再生できるMPEG-4形式に変換することを指す。映像のトランスコードをパソコンで実行する場合、その演算処理は一般にパソコンのCPUで行なうが、カナダATIテクノロジーズ社や米NVIDIA社のGPU(グラフィックスプロセッシングユニット、いわゆるグラフィックスチップ)ではCPUに代わって演算処理する機能が備わっており、対応するソフトウェアではGPUの演算機能を活用できる。また、ビデオキャプチャーカード/ビデオキャプチャーユニットによっては、搭載エンコードチップがトランスコードの演算処理を行なうものもある。なお、圧縮形式の変換を伴わず、ビットレートのみを変更する場合は“トランスレート"と呼んで区別される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

トランスコーディング

再圧縮。入力した圧縮信号を再度、別の規格の圧縮信号に変換すること。BD(Blu-ray Disc:ブルーレイディスク)レコーダーのAVCREC、HD-DVDレコーダーのHDRecが、2007年秋製品から導入された。 BS、地上のデジタル放送は、MPEG2という圧縮規格で伝送されている。これまでは、信号をそのまま加工せずにMPEG2ストリームのままディスクに記録していた。例えばNHK・BSハイビジョンでは24M(メガ)bps(1秒に2400万ビット)という信号量であり、1層25GB(ギガバイト)のディスクの場合、2時間10分の記録時間であった。これをトランスコーディングにて、より効率的な圧縮方式であるMPEG-4AVCを使って、信号量を縮小することができる。従来のハイビジョン対応DVDレコーダーのようにダウンコンバートして低画質のSD信号をDVDに記録するのではなく、ハイビジョンの解像度のまま記録するのである。AVCは、MPEG2に比べ、約1.5倍圧縮できる。つまり理論上はNHK・BSハイビジョンの画質を約16Mbpsで実現できるということである。

(麻倉怜士 デジタル・メディア評論家 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android