トリプレットタイプレンズ(読み)とりぷれっとたいぷれんず

世界大百科事典内のトリプレットタイプレンズの言及

【カメラ】より

…以下に代表的な写真レンズをあげる。(1)トリプレットタイプレンズtriplet type lens イギリスのH.D.テーラーの設計によるもので,1895年特許が公開され,クックレンズとして発売された歴史的に古いものである。3枚玉とも呼ばれ,わずか3群3枚の簡単な構成でありながらバランスのとれた画質が得られるため,今でもしばしば用いられる。…

※「トリプレットタイプレンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android