トルイミアスト(読み)とるいみあすと

世界大百科事典内のトルイミアストの言及

【グダンスク湾】より

…グダンスクはポーランドにとって西欧その他の世界と結ぶ北の表玄関であり,重要な貿易港である。湾奥のグダンスク,ソポト,グディニャの3市はトルイミアストとよばれるコナーベーションをつくり,輸入原油による大規模な石油コンビナートが建設中である。【山本 茂】。…

【ポモジェ】より

… ポモジェ地方は東西に二分され,東ポモジェは北部最大の工業・港湾都市グダンスクを中核に,人口4万3600(1995。以下同じ)の保養都市ソポトと北の港湾都市グディニャの市街地はひと続きとなっており,トルイミアストと呼ばれる。資本主義諸国への北の表玄関として発展している。…

※「トルイミアスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android