トレッスル・テーブル(読み)とれっするてーぶる

世界大百科事典内のトレッスル・テーブルの言及

【ダイニング・テーブル】より

…このように多人数で大型テーブルを囲んで会食する作法は共和政から帝政期に流行した。中世になると,領主の館では食堂のような特定の部屋がなかったので,大広間に組立て式の大型の架脚式テーブル(トレッスル・テーブルtrestle table)が食事ごとに運びこまれた。これはトレッスルとよばれる脚板とオーク材の厚い甲板とから成り,トレッスルは長い貫(ぬき)で補強されていた。…

※「トレッスル・テーブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android