トロポタクシス(読み)とろぽたくしす

世界大百科事典内のトロポタクシスの言及

【走性】より

…光合成を行う原生動物ミドリムシが,光のあるところに集まる正の光走性も,クリノタクシスである。 第2はこれと同じことを左右対になった受容器によって行うもので,トロポタクシスtropotaxis(転向走性または刺激相称性)とよばれる。昼行性の昆虫の正の光走性はこれのよい例で,両側の複眼にあてる光の強さが同じになるように左右の羽が動くという反応の結果,虫は光源に集まってくるのである。…

※「トロポタクシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報