トンチボウ(読み)とんちぼう

世界大百科事典内のトンチボウの言及

【ムジナ(狢∥貉)】より

…昔話に,木挽(こびき)が小屋にいると女がとめてくれとやってきたが,いろりに足を出してあたるのを見ると,ぬかるみを歩いてきたはずなのに真っ白い足袋に汚れが見えないのでなべの湯をかけると死んでムジナになったなどというのがある。佐渡ではトンチボウと呼んで山の神の姿のようにも考え,またこれにまつわる伝承が残っていた。また,長野県北境の山中ではバンブクといって腹に毛のないものが化けるなどともいっていた。…

※「トンチボウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android