トール脂肪酸(読み)とーるしぼうさん

世界大百科事典内のトール脂肪酸の言及

【トール油】より

ロジンはトールロジンと呼ばれ,紙のサイズ剤,各種の滑り止め剤として使われる。脂肪酸はトール脂肪酸とよばれ,オレイン酸50%,リノール酸35%,その他8%からなる。これらのうちリノール酸は価値が大きく,蒸留して分けてとりだされ,化学的に変性され,ポリアミド樹脂の合成,接着剤,インキなどの原料となる。…

※「トール脂肪酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android