ドゥクン・ジャンピ(読み)どぅくんじゃんぴ

世界大百科事典内のドゥクン・ジャンピの言及

【ドゥクン】より

…インドネシア,ジャワの専門的呪者,祈禱者の漠然とした総称で,実態はさまざまの機能に分化している。呪医ドゥクン・ジャンピ,産婆ドゥクン・バイなどは最もよく目につき,人々の暮しに欠かせない存在である。一方,これらと重なり合って,なんらかの秘術を身につけ,未来や人の運勢を予知したり,人の身の上に呪的影響を及ぼすと信じられている各種のドゥクンがいる。…

※「ドゥクン・ジャンピ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android