ドゥチッチ,J.(読み)どぅちっち

世界大百科事典内のドゥチッチ,J.の言及

【ユーゴスラビア】より

…社会正義派のツァンカル,ジュパンチッチの両詩人は,ユーゴスラビア文学がヨーロッパ文学と肩を並べられることを証明した。ボスニア・ヘルツェゴビナからはシャンティチAleksa Šantić(1868-1924),ドゥチッチJovan Dučić(1871-1943)に続き,アンドリッチも詩人として出発した。アンドリッチは両大戦間は散文に転じ,戦後発表した《ドリナの橋》などのボスニア三部作によって,1961年ノーベル文学賞を受賞した。…

※「ドゥチッチ,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報