ドクルー,É(読み)どくるー

世界大百科事典内のドクルー,Éの言及

【パントマイム】より

…当時の代表的演者はJ.G.ドビュローであり,彼はパリ・タンプル大通りのフュナンビュール座に出演して,巧みな動きで複雑な感情を描き出し,パリ中の人気者となった。この芸はその後ドクルーÉtienne Decroux(1898‐1991)によって洗練の度が加えられ,現代ではドクルーに学んだJ.L.バローM.マルソーに受け継がれている。なお,ドクルー以後の芸をフランス語でミームmime(英語ならマイム)と呼んで,それ以前のパントミーム(パントマイム)と区別することもある。…

【ミーム】より

…ミームとは,かつてのJ.G.ドビュローのピエロの芸に代表されるパントマイムとは区別されて,現代に至り,フランスのエティエンヌ・ドクルーÉtienne Dec‐roux(1898‐1991)によって創始された新しい身ぶり芸術表現に対する呼名である。ドクルーはまずJ.コポーのビュー・コロンビエ座に学び,その後はC.デュランのアトリエ座で,J.L.バローや後にはM.マルソーなどとともに,単なる物まねではないこの新しいジャンルに踏み出して,その創始者となった。…

※「ドクルー,É」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android