ドップラー,K.(読み)どっぷらー

世界大百科事典内のドップラー,K.の言及

【ドップラー】より

…オーストリアのフルート奏者,作曲家,指揮者。レンベルク(現,ウクライナのリボフ)に生まれ,13歳のときウィーンでデビュー。弟のカールとともに演奏旅行を行った後,ハンガリーのペストに移り,管弦楽団で首席フルート奏者を務め,オペラを作曲。1865年よりウィーン音楽院でフルートを教えた。代表作《ハンガリー田園幻想曲》は,とくに日本に愛好者が多い。弟カールKarl(Károly) Doppler(1825‐1900)もフルート奏者,作曲家,指揮者として知られ,おもにハンガリーで活動し,1865年から98年にはシュトゥットガルトで宮廷楽長を務めた。…

※「ドップラー,K.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android