ドビュール,G.F.(読み)どびゅーる

世界大百科事典内のドビュール,G.F.の言及

【書誌学】より

…したがって18世紀の半ばころまで,この語はヨーロッパでは〈書物を書くこと〉の意味に用いられた。〈書物に関して書くこと〉の意味に用い近代書誌学の道をひらいたのは,フランス人ドビュールGuillaume‐François Debure(1731‐82)の《書誌教本》7巻(1763‐68)をもって初めとする。 言語のないところに文法が考えられないように,書物のないところに書誌学は考えられない。…

※「ドビュール,G.F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android