ドビーユ,H.E.S.C.(読み)どびーゆ

世界大百科事典内のドビーユ,H.E.S.C.の言及

【アルミニウム】より

…1827年ドイツのF.ウェーラーは,塩化アルミニウムの金属カリウムによる還元によって金属アルミニウムを単離し,初めてその性質を正確に記述したので,ふつう彼がこの元素の発見者とされている。一般の人々にこの金属が紹介されたのは,その工業的製造法を研究したフランスのドビーユHenri Etienne Sainte‐Claire Devilleが55年のパリ万国博覧会にこれを出品したときである。 アルミニウムは,アルミノケイ酸塩鉱物などとして広く地球上に存在し,地殻中の存在度は酸素,ケイ素に次いで第3位であるが,金属元素としては第1位である。…

※「ドビーユ,H.E.S.C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android