ドボリャーネ(読み)どぼりゃーね

世界大百科事典内のドボリャーネの言及

【ドボリャンストボ】より

…帝政時代のロシアの貴族層。貴族を意味するドボリャーネdvoryane(単数形はドボリャニーン)に由来する語。ただし日本の旧華族のように,そのすべてが爵位をもつわけではなく,むしろ明治以後の士族に近いものといえるが,人頭税,兵役を免除され,農奴所有権を付与されるなど,実質的な特権をもっていた点で士族とも異なっている。…

【モスクワ・ロシア】より

…そこでイワン3世は上記の〈裁判法規集〉などで住民の裁判参加,代官の任期制などの規制策をとり始めた。イワン3世は併合したノブゴロド領で下級戦士に軍役を条件とする土地(ポメスチエ)を与えて,君主に忠実な士族(ドボリャーネ)の育成に努め,これがしだいに貴族に対抗する大公権力の支えになっていくが,イワン3世の代に現れる大公の書記役がすでに士族であり,16世紀前半に始まる都市司令,警察区長は在地の士族の間から選ばれている。 1547年にツァーリの称号を公式に採用したイワン4世(雷帝)に,政治思想家ペレスベトフが強力な君主による正義の実現を求めたが,幼少期に有力者の専横を身近に体験したイワン自身が,最も雄弁な君主専制のイデオローグであった。…

※「ドボリャーネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android