ドミティラのカタコンベ(読み)どみてぃらのかたこんべ

世界大百科事典内のドミティラのカタコンベの言及

【カタコンベ】より

…比較的単純なヒュポゲウム形式のものも含め,現在ローマ近辺には39のカタコンベが知られ,すべて古代ローマの城壁外の主要街道沿いに位置する。主なものにラビカナ街道の聖ペトルスとマルケリヌスのカタコンベ,アッピア街道の聖カリストゥスのカタコンベ(歴代の教皇の墓があった),ドミティラのカタコンベなどがある。いずれも未発掘の部分もあるが,数百m四方の敷地の地下に通廊で連結された無数の墓室が3層ないし4層をなして設けられている。…

※「ドミティラのカタコンベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android