ドラブル,M.(読み)どらぶる

世界大百科事典内のドラブル,M.の言及

【イギリス文学】より

…それどころか,小説の根幹ともいえる〈物語性〉を否定しようとする試みさえ,例えばサミュエル・ベケットによってなされている。イギリス独特の〈ノベル〉は,いまや崩壊するかのように見えるが,その一方,本来の風俗小説の伝統を,新しい社会環境のなかで再確認しようとする活動も,マーガレット・ドラブルやA.ウィルソンらによって特に第2次世界大戦後に顕著になってきた。
[短編小説]
 このような20世紀におけるイギリス小説の変質のひとつのあらわれが,短編小説の勃興である。…

※「ドラブル,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android