ドラー,D.(読み)どらー

世界大百科事典内のドラー,D.の言及

【シャギニャーン】より

…ロシア革命後は詩作を捨て,同伴者文学の作家として散文に専念した。ジム・ドラーDzhim Dollarというペン・ネームで,《金属労働者ローリー・レーン》(1925),《ミス・メンド,あるいはペトログラードのヤンキー》(1926)などの探偵小説を書いたが,やがてアルメニアの社会主義建設を主題とした《中央水力発電所》(1930‐31)を発表して,ソビエト作家として公認された。レーニンの伝記《ウリヤーノフ家》(1938。…

※「ドラー,D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android