ドリコルダイテス(読み)どりこるだいてす

世界大百科事典内のドリコルダイテスの言及

【コルダイテス】より

…樹幹は30mにも達する高木で,頂端近くに樹冠をつくり,葉はらせん状に配列し,現生のユッカの葉に似て単葉,平行脈を示し,大きいものでは長さ1m,幅15cmにも達した。葉の形によって,鈍頭のものをユーコルダイテスEuCordaites,鋭頭のものをドリコルダイテスDoryCordaites,幅の狭いものをポアコルダイテスPoaCordaitesと区別して呼ぶことがある。樹幹は針葉樹と同じく真正中心柱をもつが髄は大きく直径1.5cmにも達する雌雄別々の球果をつくり,コルダイアンサスCordaianthusと呼ばれる。…

※「ドリコルダイテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android