ドルン,E.(読み)どるん

世界大百科事典内のドルン,E.の言及

【ドルン効果】より

…液体内の微粒子が沈降する際に液の両端に電位差を生ずる現象。1878年ドイツのドルンE.Dornによって発見された。電気泳動の逆現象で,このときに液の両端に生ずる電位差を泳動電位migration potentialあるいは沈降電位sedimentation potentialという。…

※「ドルン,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報