ドロー,L.(読み)どろー

世界大百科事典内のドロー,L.の言及

【イグアノドン】より

…その後78年ベルギーのベルニサール炭鉱の地下332~365mの地点よりイグアノドンの完全な骨格が23体も発掘された。そのうち11体が組み立てられ,ドローLouis Dollo(1857‐1931)が研究をした。変異性,集団性など恐竜の性質について多くの問題を検討し,古生物の進化の法則性などに関する理論の開発を行った最初の材料である。…

※「ドロー,L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android