ナップ,S.A.(読み)なっぷ

世界大百科事典内のナップ,S.A.の言及

【4Hクラブ】より

…4Hとは,head(頭),hand(手),heart(心),health(健康)の頭文字をとったもので,活動の目標を象徴している。農業普及事業の父として知られているアメリカ人ナップSeaman Asahel Knapp(1833‐1911)が1907‐08年ころに始めた農業研究クラブを母体として生まれ,欧米はもとより第2次大戦後はアジア諸国にまで普及した。日本では1948年にアメリカを範とする農業改良普及事業が発足したさい,その普及員や生活改良普及員などの指導のもとに育成がはかられた。…

※「ナップ,S.A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android