ナディヒ,M.T.(読み)なでぃひ

世界大百科事典内のナディヒ,M.T.の言及

【札幌冬季オリンピック大会】より

…70m級純ジャンプで笠谷幸生,金野昭次,青地清二が金,銀,銅メダルを独占,冬季大会で初優勝した。外国選手では男子スピードスケートの三冠王シェンクArd Schenk(オランダ),女子アルペンスキーで二冠を獲得したナディヒMarie‐Theres Nadig(スイス)らが活躍,女子フィギュアスケートのジャネット・リン(アメリカ)が人気を集めた。札幌大会では商業主義の進出問題がとり上げられ,国際オリンピック委員会(IOC)は大会直前にアルペンスキーのシュランツKarl Schranz(オーストリア)の参加資格を否認,将来に問題を投げかけた。…

※「ナディヒ,M.T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android