ナラシンハバルマン[1世](読み)ならしんはばるまん

世界大百科事典内のナラシンハバルマン[1世]の言及

【パッラバ朝】より

…その後2世紀間に諸王が続く。マヘーンドラバルマン1世(在位600‐625)はチャールキヤ朝との抗争をはじめ,ナラシンハバルマン1世Narasimhavarman I(在位625‐645ころ)はチャールキヤ朝の首都バーダーミを陥し,またセイロンに遠征した。7~8世紀初期にはチャールキヤ朝と,8~9世紀にはラーシュトラクータ,パーンディヤ両朝と抗争を繰り返しながら,9世紀末にはついにチョーラ朝のアーディティヤ1世Āditya Iに滅ぼされた。…

※「ナラシンハバルマン[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android