ナラシンハバルマン[1世](読み)ならしんはばるまん

世界大百科事典内のナラシンハバルマン[1世]の言及

【パッラバ朝】より

…その後2世紀間に諸王が続く。マヘーンドラバルマン1世(在位600‐625)はチャールキヤ朝との抗争をはじめ,ナラシンハバルマン1世Narasimhavarman I(在位625‐645ころ)はチャールキヤ朝の首都バーダーミを陥し,またセイロンに遠征した。7~8世紀初期にはチャールキヤ朝と,8~9世紀にはラーシュトラクータ,パーンディヤ両朝と抗争を繰り返しながら,9世紀末にはついにチョーラ朝のアーディティヤ1世Āditya Iに滅ぼされた。…

※「ナラシンハバルマン[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android