ナーエ[川](読み)なーえ

世界大百科事典内のナーエ[川]の言及

【ザールラント】より

…ザールSaar地方ともよばれる。
[地理]
 ザール川,ナーエNahe川山地の一部に属し,ライン粘板岩山地とロートリンゲンの地層段丘との間に位置し,多様な地形をもつ。中心地域はプリムスPrims川とブリースBlies川の間の丘陵地であり,ノインキルヘン,ザンクト・イングベルト,ザールブリュッケンの線の北西部は石炭層,南東部は雑色砂岩層からなり,フェルクリンゲンから北へ湾曲してノインキルヘンに至る線が最高部を形成し,森林地となっている。…

※「ナーエ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android