ナーナー・サーヒブ軍(読み)なーなーさーひぶぐん

世界大百科事典内のナーナー・サーヒブ軍の言及

【カーンプル】より

…1801年にアウド藩王国の太守によりイギリス東インド会社に割譲され,北西インドへのイギリス勢力進出の前線基地となった。セポイの反乱(1857)の際には,ナーナー・サーヒブ軍がイギリス人を皆殺しにした町として有名。63年にカルカッタと鉄道で結ばれ,85年までには軍需用の皮革・羊毛・綿織物業などが勃興し,インド大平原中部で随一の工業都市を形成した。…

※「ナーナー・サーヒブ軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android