ニイバシ(読み)にいばし

世界大百科事典内のニイバシの言及

【ススキ(芒∥薄)】より

…これらのススキは神の依代や占有を示しており,水戸の鹿島社では新しくススキで屋根をふいて祭りをし,諏訪の御射山(みさやま)祭でも穂屋というススキの仮屋を作る。また,ススキのはし(箸)で半夏生(はんげしよう)にうどんをたべる風習が関東地方を中心に見られ,ニイバシとかアオバシといっている。ススキのはしは骨を拾うのにも使われ,仏のはしだからススキではしを作るなという所もある。…

※「ニイバシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android