コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニガンタ・ナータプッタ にがんたなーたぷった

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニガンタ・ナータプッタ

マハービーラ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のニガンタ・ナータプッタの言及

【ジャイナ教】より


[起源――マハービーラと祖師たち]
 マハービーラは,本名をバルダマーナVardha‐māna(〈栄える者〉の意)という。仏典ではニガンタ・ナータプッタNigaṇṭha Nātaputtaの名でゴータマ・ブッダ時代の代表的な自由思想家たち(六師外道)の一人とされる。彼は〈ナータ族の出身者〉で,古くからの宗教上の一派ニガンタ(束縛を離れた者)派に出家して修行したのでそう呼ばれた。…

※「ニガンタ・ナータプッタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニガンタ・ナータプッタの関連キーワードジャイナ教六師外道

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android