ニッケル‐モリブデン合金(読み)にっけるもりぶでんごうきん

世界大百科事典内のニッケル‐モリブデン合金の言及

【ニッケル合金】より

…さらに,アルミニウム,チタン,ニオブ,モリブデン,タングステンなどを添加し性質を改善した一連の合金がある。
[ニッケル‐モリブデン合金]
 この系統を代表するものは,モリブデン28%と鉄5%を含むハステロイBであって,非酸化性の酸に耐えるニッケルの特徴を改善したものである。とくに塩酸には沸点までの温度範囲で全濃度に耐える。…

※「ニッケル‐モリブデン合金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android