ニトロゲル系ダイナマイト(読み)にとろげるけいだいなまいと

世界大百科事典内のニトロゲル系ダイナマイトの言及

【ダイナマイト】より

…またケイ藻土ダイナマイトは今日ではまったく用いられていない。
[ニトロゲル系ダイナマイト]
 ニトロゲル含量が20%以上で薬質が可塑性を示す膠質(こうしつ)ダイナマイトと,ニトロゲルが6~20%で薬質がぼろぼろしている粉状ダイナマイトがある。ニトロゲル系ダイナマイトには,ニトロゲルそのものの松ダイナマイトのほかに,硝酸アンモニウム,硝酸カリウム,硝酸ナトリウムなどの酸化剤,デンプン,木粉などの可燃剤,ニトログリセリンの代替物,膠化助剤,成形助剤としてのニトロ化合物,さらに爆発温度を下げ,火炎の発生を防ぐための減熱消炎剤(食塩,塩化カリウムなど)を含むものがあり,桜,桐,榎(えのき),桂,梅などの植物の名を冠した名称で呼ばれる。…

※「ニトロゲル系ダイナマイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android