ニニョン,E.(読み)ににょん

世界大百科事典内のニニョン,E.の言及

【料理書】より

…この1巻の本は現在に至るまでフランス料理のバイブルとして料理人の間で利用されてきている。またプロスペル・モンターニェ(初版時の共著者に敬意を表し,プロスペル・サルの名も冠されてはいる)の《料理大全》(1929)や記念碑的な《ラルース料理百科事典》(1938),その著書でフランス・アカデミーの文学賞まで獲得したエドゥアール・ニニョンの三部作(《美食家七日物語》(1919),《食卓の悦び》(1926),《フランス料理讃歌》(1933))も現代のフランス料理に大きな影響を与えている。【辻 静雄】。…

※「ニニョン,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android