ニホンネコ(読み)にほんねこ

世界大百科事典内のニホンネコの言及

【ネコ(猫)】より

…また漁夫のマスコットとしてシベリアから渡来したという説もあるが,日本に中国から入った確実な記録は884年(元慶8)である。日本では近年,外国産の純粋品種が増加しているが,これらとの少数の交雑種を除けば,ニホンネコ(日本猫)は長年月の間,ほとんど純粋品種を保っている。【一木 彦三】
【イエネコの形態】
 イエネコの祖先型はリビアネコを家畜化したものであったが,その後ヨーロッパヤマネコとの交配が行われたもようで,ユーラシアのものにはヨーロッパヤマネコに似た斑紋のものが多い。…

※「ニホンネコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニホンネコの関連情報