ニューエル,A.(読み)にゅーえる

世界大百科事典内のニューエル,A.の言及

【認知科学】より

…他方,言語,思考,記憶など,心のはたらきの情報表現や情報処理に関して,それまでなかった新しい知見が得られた。たとえば,言語の文法理論(チョムスキー),思考の記号処理モデル(ニューエルA.Newell,ショーR.Show,サイモンH.Simon),短期記憶の容量(ミラーG.Miller),作業記憶(ブロードベントD.Broadbent),認知方略(ブルーナーJ.Brunerら)などが有名である。 1960年代になると,脳と心のはたらきの情報科学的研究がさらに進んだ。…

※「ニューエル,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android