ニューカスル中央駅(読み)にゅーかするちゅうおうえき

世界大百科事典内のニューカスル中央駅の言及

【駅】より

…駅舎にはしばしばステーション・ホテルが設けられ,この建築様式が駅の性格を示すものとして一般に親しまれたが,駅の構成自体は鉄道の改良にもかかわらず,基本的に20世紀まで同一でありつづけた。ホーム全体に覆屋をかけた最初の駅はニューカスル中央駅(1846‐55,ドブソンJ.Dobson設計)である。一般にこの覆屋部分は鉄とガラスを用いて技師により設計され,その前に建つホテルなどを含む駅舎を建築家が設計することが多かった。…

※「ニューカスル中央駅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android