ニュークリミノロジー(読み)にゅーくりみのろじー

世界大百科事典内のニュークリミノロジーの言及

【犯罪学】より

…このような視座の転換によって,立法過程,刑事司法過程,ディバージョン,犯罪統計上の暗数などについての考察の必要性が指摘され,その研究が推進された。1970年代に入ると犯罪は支配層と被支配層との社会関係によって相対的に定められ,両者の価値観の葛藤が犯罪の原因であるとして,法と法執行の絶対性を疑問視するニュークリミノロジー,ラディカルクリミノロジー,クリティカルクリミノロジーなどと呼ばれる犯罪学理論も出現した。
[最近の動向]
 1980年代以降,アメリカ社会全体が保守化するのに伴い,犯罪学の領域でも,ラベリング理論の影響力が次第に衰え,伝統的理論への回帰が見られるようになった。…

※「ニュークリミノロジー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android