ニレノミゾウムシ(読み)にれのみぞうむし

世界大百科事典内のニレノミゾウムシの言及

【ゾウムシ(象虫)】より

…このようにアシナガゾウムシ類には茎に傷をつけて産卵するものが多い。ハンノキノミゾウムシ,ニレノミゾウムシなどのノミゾウムシ類は葉の表面やくぼみに産卵し,泥状の粘液で卵を覆うものが多い。孵化(ふか)した幼虫は葉の中へ潜り込み,葉肉を食べて成育する(潜葉性)。…

※「ニレノミゾウムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android