ニースレル・フレー(読み)にーすれるふれー

世界大百科事典内のニースレル・フレーの言及

【ウランバートル】より

…1706年以後イフ・フレー(〈大寺院〉の意)と称され,中国人はこれを庫倫(クーロン)と称したが,欧人は依然ウルガと称した。1911年の独立宣言後ニースレル(〈首都〉の意)・フレーと称され,人民革命後の24年に現名(〈赤い英雄〉の意)となった。革命前この町は,モンゴル最高のラマ教聖地として100以上の寺院,約2万人の僧侶がおり,1691年の外モンゴルの清朝への帰服後は露清交易の地として栄え,1762年以後清の庫倫辦事大臣が駐在し,政治の一中心地ともなってきた。…

※「ニースレル・フレー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android