ヌガイ(読み)ぬがい

世界大百科事典内のヌガイの言及

【キクユ族】より

…この組織は植民地時代に消滅したが,青年男女の割礼は現在でも行われている。宗教は唯一神ヌガイNgai(近隣のカンバ族,マサイ族も同名の神を崇敬している)への依存と家族や氏族の祖霊に対する祭祀を中心とする。神話によるとヌガイは世界の創造主であり,奇跡のしるしとしてケニア山をつくった。…

※「ヌガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる