コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオトリゴニア Neotrigonia

大辞林 第三版の解説

ネオトリゴニア【Neotrigonia】

中生代のジュラ紀・白亜紀に栄えたトリゴニア(三角貝)の現生種。1801年に死殻が発見され、現在七種の生息が知られる。殻は丸みのある四角形で、黒褐色の皮におおわれ、内面は真珠光沢のある白または紫色。オーストラリア・タスマニア島の周辺海域に分布。新三角貝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のネオトリゴニアの言及

【シンサンカクガイ(新三角貝)】より

…ネオトリゴニアともいう。サンカクガイ科の二枚貝。…

【トリゴニア】より

…種の生存期間はやや長いものが多いが,形態が派手で変化に富むため,地域内での対比や中生代の生物地理区・古環境の推定,表面彫刻の機能的意味を考察するうえに有効な分類群である。新生代に入ると急速に衰退して,わずかにオーストラリアに第三紀のエオトリゴニアEotrigonia,現生のシンサンカクガイ(ネオトリゴニアNeotrigonia)数種のみが知られ,“生きている化石”の一例とされている。【速水 格】。…

※「ネオトリゴニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android