ネオ・キンバンギズム運動(読み)ねおきんばんぎずむうんどう

世界大百科事典内のネオ・キンバンギズム運動の言及

【コンゴ民主共和国】より

… 両大戦間の時代に入ると,イギリス領を中心にアフリカにもナショナリズムの萌芽が見られるようになったが,ベルギー領コンゴではこの種の運動の発展は遅れていた。ただ20年代初期に急激に盛り上がったキンバングによる運動やキタワラ運動,さらに30年代後半から40年代前半に高まったS.R.ムパディのネオ・キンバンギズム運動(カーキスト運動)のようなメシア的解放運動は,原初的なナショナリズム運動の一種ということができる。第2次世界大戦が終わると,アフリカ全域にナショナリズム運動が高まるが,ベルギー領コンゴにその波動が到達したのは50年代末期であった。…

※「ネオ・キンバンギズム運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android