ネクロロギウム(読み)ねくろろぎうむ

世界大百科事典内のネクロロギウムの言及

【プリュム修道院】より

…とくに9世紀前半ここで多くの聖者伝が編まれ,10世紀初めには著名なレギノーRegino(840ころ‐915)の《年代記》が記された。1039年から1104年までの死者の名を年代順に記録した《ネクロロギウムNecrologium》も,フルダ修道院のものには及ばないが,それでも重要な資料である。この間,1003年からゴルツェ派改革運動が導入されている。…

【フルダ修道院】より

…早くからドイツ語による聖書注解や詩作がなされ,ドイツ語,ドイツ文学の発展に大きく寄与した。修道院が死者を記念してその人名を記録するネクロロギウムnecrologiumは一般にカレンダー式で没年を付記しないが,フルダ,プリュム,ザンクト・ブラージエンの3修道院のみが年代順に編纂したネクロロギウムを残しており,このうち,フルダのものは779年から1065年まで記載され,内容的に最も優れている。それは《フルダ年代記》および寄進証書と並んで中世史研究の貴重な史料でもある。…

※「ネクロロギウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android