ネーサンズ,D.(読み)ねーさんず

世界大百科事典内のネーサンズ,D.の言及

【制限酵素】より

…この酵素Eco BはI型であった。その後スミスH.O.Smith,ネーサンズD.Nathansによって,最初のII型酵素Hind IIが発見され(1970),これを契機として近年の遺伝子工学の発展が可能となった。制限酵素の発見,特異性の理解,応用面で貢献のあったアーバー,スミス,ネーサンズの3人は1978年度ノーベル生理学医学賞を受けている。…

※「ネーサンズ,D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android