ネーチャーゲーム(読み)ねーちゃーげーむ(英語表記)nature game

知恵蔵「ネーチャーゲーム」の解説

ネーチャーゲーム

自然と触れ合うための野外活動プログラムで、1979年、米国のナチュラリスト、ジョセフ・コーネルが考案。五感を使って自然と直接触れ合うゲームが多い。落ち葉を利用した「木の葉のカルタとり」など。

(松倉一夫 アウトドアライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉「ネーチャーゲーム」の解説

ネーチャー‐ゲーム(nature game)

さまざまなゲームをしながら体全体で自然と触れ合うことによって、人間と自然の共存の大切さを子供たちに実感させる教育手段。アメリカのナチュラリストであるジョセフ=コーネルが考案した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android