コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノコギリモク

海藻海草標本図鑑の解説

ノコギリモク

円錐状の付着器。茎は円錐状付着器の頂端から直立し,数回分岐しを出す。枝は扁圧し二稜形となる。縁辺には不規則に小さなトゲを持つ。葉は反曲して生 え,長い笹状〜被針形。中を持ち,縁は粗い鋸歯状となり,重鋸歯となるときもしばしばみられる。気胞は球形〜紡錘形をしており,頂端は小さな冠葉をつけ たり小突起状となる。夏に成熟する。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のノコギリモクの言及

【ホンダワラ】より

…日本沿岸はこの類が最も多産する地域で,約60種の生育が知られる。おもな種類にマメダワラS.piluliferum Ag.,ウミトラノオS.thunbergii Ag.,アカモクS.horneri (Turn.) Ag.,ノコギリモクS.serratifolium Ag.,ホンダワラS.fulvellum (Turn.) Ag.などがある。大西洋のサルガッソー海は〈藻の海〉の意で,ホンダワラ類が海面に多量に浮遊して群落をつくっているところであり,その主要種はS.natans (L.) Meyenである。…

※「ノコギリモク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノコギリモクの関連キーワードヨレモク(撚藻屑)三方海域公園地区ホンダワラ