ノット・ヤーン(読み)のっとやーん

世界大百科事典内のノット・ヤーンの言及

【毛糸】より

…このほか,糸を撚り合わせるときに,太さ,色合い,撚り,張力などを変化させ,特徴のある効果をもたせた意匠撚糸(ファンシー・ヤーン)がある。これには,ループ・ヤーン(まっすぐな糸に輪のある糸を撚り合わせる),ネップ・ヤーン(まっすぐな糸に不規則に節のある糸を撚り合わせる),ブークレ・ヤーン(細い芯糸に撚りの甘い太めの糸を縮れたように絡ませる),ノット・ヤーン(糸を撚るとき,一定の間隔で芯糸の回りに糸を固めて巻きつけ,節をつける),スラブ・ヤーン(繊維の束を一定の間隔で撚り込み,太さに変化をもたせる),モール・ヤーン(細い糸に短い糸をはさみ込む),クレープ・ヤーン(撚り合わせた糸を,さらに2本以上そろえて撚る),リボン・ヤーンなどがある。【城川 美枝子】。…

※「ノット・ヤーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android