コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノナ 〈ラテン〉nona

デジタル大辞泉の解説

ノナ(〈ラテン〉nona)

数の9。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ノナ【nona】

ラテン語で、九の意。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のノナの言及

【ウニ(海胆)】より

… 最近は卵を受精させ,直径1cmほどの稚ウニまで陸上で人工飼育し,その後海中に放流する栽培漁業も行われている。 地方ではエゾバフンウニをガゼやボウズガゼ,キタムラサキウニをノナ,ムラサキウニをクロガゼ,アカウニをオニガゼなどの方言で呼ぶことが多い。【今島 実】
[民俗]
 地方の呼び名にも残る〈かせ〉,〈がぜ〉はウニの古称で,古くは霊臝子,甲棘蠃,棘甲蠃などの字をあてた。…

※「ノナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノナの関連キーワードエイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事ナイト・オン・ザ・プラネットビュジョ・ド・ラ・ピコヌリグルタミン酸ナトリウムチェンジ・ザ・ワールドノナン(データノート)紅柱石(データノート)スキャナー・ダークリーペンシルベニアダッチフォックスフェースモンゴルフィエ兄弟自由メソジスト教会コブシガニ(拳蟹)フォックスフェイスグルタミン酸ソーダブラック・スワンウォータールー17歳のカルテ緋のかぶら漬けシザーハンズ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノナの関連情報