ノネイユ,I.(読み)のねいゆ

世界大百科事典内のノネイユ,I.の言及

【スペイン美術】より

… 19世紀ヨーロッパ美術は,新古典主義からロマン主義,写実主義,印象主義へと移行し,その影響はスペインにも及ぶが,この時代の注目すべき画家といえば,19世紀後半に活躍したF.deマドラーソ,ロサーレスEduardo Rosales(1836‐73),M.フォルトゥニー,J.ソローリャなどにすぎない。しかし,世紀末から20世紀初頭にかけて,マドリード派では,ゴヤの勇猛な流れをくむI.スロアーガ,J.G.ソラーナ,またモデルニスモを標榜し,パリの新潮流に注目するバルセロナ派では,カサスRamón Casas(1866‐1932),ノネイユ(ノネル)Isidro Nonell(1873‐1911)らが活躍した。ゴヤ没後53年目に,スペイン南部の港町マラガに生まれたピカソが,少年時代に学びつくした19世紀官学派(アカデミズム)絵画を自己否定し,〈青の時代〉を開拓したのは,19世紀末のバルセロナにおいてであった。…

※「ノネイユ,I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android