ノビアル(読み)のびある

世界大百科事典内のノビアルの言及

【イェスペルセン】より

…彼は記述主導型の伝統的言語学から,理論主導型の新言語学へと移る過渡期の橋渡しをした学者で,その理論は特に《統語論――理論と分析Analytic Syntax》(1937)で展開されている。なお,1928年にはノビアルNovialと呼ぶ人工言語を考案し,新しい国際語(国際共通語)として提唱している。【三宅 鴻】。…

【国際語】より

…1907年にL.deボーフロンが発表)も成功しなかった。〈ノビアルNovial〉(〈新国際補助語〉の意。nov(新しい)にinternational(国際),auxiliary(補助),language(言語)のそれぞれの頭文字をつけた)は1928年にデンマークの言語学者イェスペルセンにより考案されたが,これも失敗した。…

※「ノビアル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android