ノボトニー,A.(読み)のぼとにー

世界大百科事典内のノボトニー,A.の言及

【チェコスロバキア】より

…この間,49年にはCOMECON(コメコン)に参加,55年にはワルシャワ条約機構に加盟した。
[〈プラハの春〉]
 56年にフルシチョフによるスターリン批判が行われても,チェコスロバキアの非スターリン化は遅れ,スターリン主義者のノボトニーが社会主義体制を強化した。60年7月には社会主義共和国憲法が採択された。…

【チェコスロバキア事件】より

…1968年8月20日にソ連,ブルガリア,ハンガリー,東ドイツ,ポーランドの5ヵ国軍隊がチェコスロバキアに進入し,チェコスロバキアの自由化過程を阻止した事件。同年1月にA.ノボトニーがチェコスロバキア共産党中央委員会第一書記を解任され,後任にA.ドゥプチェクが選出されて以来,チェコスロバキアでは自由化が急速に進み,〈プラハの春〉を謳歌していた。4月には,党の権威は活動を通じて獲得するものであり,押しつけてはならないとする〈党行動綱領〉が採択された。…

※「ノボトニー,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android